【初心者向け】HTMLの基本構文とWebページの基本構造【まとめ】

プログラミング

こんばんは。あおです。

 

マナブさん(@manabubannai)のロードマップにてプログラミングを勉強中です!

今日から、模写に入りました!

 

HTMLを書く上で、いつもひな形とかがある状態で作るので、

一から自分でコーディングしようと思ったら基礎の部分が案外あれ?ってなったので、

メモ用にまとめました。

 

HTMLの基本構造、Webのページの基本構造を振り返りたい!学びたい!

という方の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

基本構文

 

DOCTYPE宣言

<!DOCTYPE html>
ドキュメント宣言は、その文章のバージョンを宣言する。
今回はHTML5を使用するので、上記の書き方になるが、別のバージョンだと書き方は異なる。

html要素

<html lang=”ja”>

</html>

html要素は、この文章がhtmlの文章であることを示す。
「lang=”ja”」は、日本語で書かれた文章であることを示す。

head要素

<head>
<meta charset=”utf-8″>
<title></title>
</head>
head要素は、その文章のメタ情報(付帯情報)を記述する。
ex)
<meta charset=”utf-8″>:文字コードUTF-8を指定。文字化けをしないようにするため。
<title></title>:その文章のタイトルを指定する。

body要素

<body>

</body>

body要素は、その文章の本文を表す。

このbody要素で囲まれた領域がwebページとして表示される。

 

Webページの基本構造

 

header

<header id=”header” class=””>

</header>

ヘッダーには、ナビゲーションメニューやロゴなどを表示することが多い。

contens

<div class=”mainContents”>

</div>

コンテンツはWebページの本文にあたる。

特定のタグで囲う必要はない。

footer

<footer>

</footer>

フッターには、コンテンツに関する情報、著者名や連絡先などを表示することが多い。

 

以上、HTMLの基礎構文とWebページの基礎構造でした。
少しでも参考になると幸いです!
ここまでご閲覧して頂き、ありがとうございました。

 

最新情報はこちらから↓
Twitterであお(@aaaaa500000o)をフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました