【メンタリストDaiGoさんから学ぶ】サラリーマンに向かない人の特徴【前編】

その他

こんばんは、あおです。

今日は、メンタリストDaigGoさんがYoutubeで動画を挙げられていた内容を元に、サラリーマンに向かない人の特徴についてお伝えします。

※サラリーマンに向かない人の特徴については、2記事に分けてご紹介しております。
この特徴はクロノタイプを元にして話を進めていきます。
今回の記事では、クロノタイプの特徴や自身のタイプを習得して終了です。
タイプには興味なく、内容だけ知りたい!という方は、次の記事から読んでください。

2019/3/28 追記:以下に進むとタイプを診断できるサイトに飛べますが、全てで30問質問があり、31問目でメールアドレスを要求されます。
抵抗のある方はご遠慮ください。また、診断を行われる方は自己責任でお願いします。
なお、メールアドレスを入力した場合に送られてくるメールを以下で紹介していますので、そちらを見てご検討される方は、以下へ読み進めてください。

 

良く一般的に聞く、サラリーマンに向かない人の性格として、

  • 協調性が低い人
  • 外向性がない人
  • 完璧主義

などが挙げられたりしますよね。

実は、これ以外にも自分が持っている本来の能力才能を活かせなくなる人がいるそうです。

では、一体何でそれがわかるのか?といいますと、それは「クロノタイプ」で分かります。

 

スポンサーリンク

クロノタイプとは

クロノタイプとは、分かりやすく言えば、睡眠タイプです。

人は、通常は昼に活動的で、夜に睡眠をとりますが、このタイミングは一人ひとりによって異なります。

この、一人ひとりが持つ時間的なタイミングの傾向がクロノタイプです。

朝に自分の力を一番出せる人、昼に出せる人、夜に出せる人、人それぞれにタイミングがあるのです。

 

クロノタイプの種類・特徴

では、クロノタイプには一体どんな種類があり、どんな特徴を持っているのでしょうか。

  • ライオン型(全体の約15~20%)
  • クマ型(全体の約50%)
  • オオカミ型(全体の約15~20%)
  • イルカ型(全体の約10%)

ライオン型

  • 楽観的
  • 現実的
  • 自分を責めたり現実逃避をしない
  • 昼頃にパフォーマンスを最も発揮する(昼寝しなくても大丈夫)
  • 睡眠時間:7時間程度が理想

クマ型

  • 親切
  • 開放的(オープン)で楽しいことが好き
  • 知らない場所に行ったり、知らない人と会うときはちょっと緊張する
  • 朝から昼にかけてパフォーマンスを最も発揮する
  • 睡眠時間:7時間以上が理想

オオカミ型

  • 創造性が高い
  • 気分屋
  • 感情に沿って行動しがち
  • 夕方ころがパフォーマンスを最も発揮する
  • 睡眠時間:7時間程度が理想

イルカ型

  • 知性的
  • 神経質だが、物事を注意深く見れる
  • 内向的
  • 職人タイプでやや完璧主義なところがある
  • 夜にパフォーマンスを最も発揮する(午前中はほとんど力がでない)
  • 睡眠時間:6時間程度で十分と感じる

自分のタイプを診断してみよう

では、早速自分のタイプを診断してみましょう!

2019/3/28 追記:※診断後にメールアドレスを入力するところがあります。
抵抗のある方はご遠慮ください。また、診断をされる方は自己責任でお願いします。
問いは全てで30問あり、31問目にメールアドレス入力を要求されます。

送られてくるメールはこんな感じです。
大丈夫!という方は診断進んでください。

コアラ・マットレスで睡眠診断をする!

いかがでしたでしょうか。

自分のタイプは分かりましたか?

次回は、このタイプを元にサラリーマンに向かない人の特徴について、ご紹介します。

 

更新情報はこちらから↓

Twitterであお(@aaaaa500000o)をフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました