【体験談】ちょっと気になってたプログラミングオンラインスクール【TechAcademy】

未分類

こんばんは、あおです。

 

「プログラミングを独学で勉強しているけど、正直よくわからん。」

「周りにプログラミング教えてくれる人なんかいないよ。」

「プログラミング勉強したいけど、学校とか行くのはちょっと・・・」

 

という方、いませんか?

 

私は、現在プログラミングを独学で勉強していますが、正直躓いて検索に時間がとられるとられる・・・。

かといって、仕事してるから学校とかに通うのもちょっと厳しい・・・・

というのもあり、以前からオンラインプログラミングスクールってどうなんだろう?と、気になっていました。

 

マナブさん(@manabubannai)のロードマップを軸に勉強を進めているのですが、submileTextのエディタ説明や、動画学習時に登場していた、「TechAcademy」がちょこちょこ気になっていました。

そこで、今回はTechAcademyのオンラインスクールについて調べてみました。

また、無料で体験もできるそうなので、実際にやってみた感想などもご紹介していきます。

 

単刀直入な個人的の意見としては、TeacAcademyの無料体験は躓いたときや、嫌になりそうなときの一つの手段として結構ありだなと思いました。

また、コースを申し込むとかなりスキルが身につくのが早くなるのかな、と感じました。

詳しくは、以降でお話しさせていただきます。

 

プログラミングを独学でしていて、躓いている方やオンラインプログラミングスクールを検討されている方の足しになれば幸いです。

 

※紹介している内容は、2019/4/13に登録したものになります。現在キャンペーンや特典、無料体験の内容などが変わっている可能性がありますので、ご注意ください。

 

スポンサーリンク

TechAcademyとは?

TechAcademyとは、最短4週間で、未経験からプロを育てる、自宅でもプログラミングやWeb開発を学ぶことが出来るオンラインスクールです。

現在提供されているコースは、Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、Pythonコース、iPhoneアプリ、androidアプリコースなどプログラミングのコースを始め、WordPressコース、Webデザインコース、Webマーケティングコースなど、ほかにも様々なコースが用意されています

 

いいと思った特徴

  • マンツーマンメンタリング
  • チャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー

マンツーマンメンタリングとは、週に2回ビデオチャットを使用してマンツーマンのサポートを受けられます。

チャットサポートは、毎日15時~23時までチャットにて随時質問をすることができ、すぐに返答が返ってきます。

回数無制限の課題レビューは、そのままですが、課題をクリアできるまで、何度でもレビューをしてもらうことが出来ます。

 

無料体験コースを実施してみた

前から気になっていたオンラインスクール、これを機に体験してみようと思い、無料ということでしたので登録をしてみました。

無料体験を実施できる期間は1週間です。

無料体験登録について

無料体験の登録画面はこんな感じです。

氏名とメールアドレスを入力し、勉強を始めるボタンを押下するとメールが届き、簡単に無料体験を実施することが出来ます


 

無料体験で出来ること

  1. メンターサポートを体験できる
  2. カリキュラムをみれる
  3. プログラミングを体験できる

メンターサポートを体験できる

メンターサポートは大きく分けて3種類あるようです。

 

1つが、ビデオを使用して行うマンツーマンメンタリングです。

内容としては、メンターの方とビデオを通してお話をすることが出来ます

こちらは、ウェブカメラ・マイクが必要だそうです。(なければスマホでもOK)

もし体験をする場合、日時を指定して予約を取ります。大体5~25分間行えます。

また、こちらを実施する場合、基本的に無料体験はの期間は1週間ですが、予約をマンツーマンメンタリングを予約した日時が1週間を超えた場合、その日まで無料体験が延長できるみたいです。

メンターサポート体験を実施すると、Amazonギフト券500円分がプレゼントされるそうです。

 

2つめが、チャットサポートです。

実際体験をしてみて、一番いいと思ったのがこちらのサポートです。

メンターの方と随時チャットが出来るようになっていて、わからないことを質問することが出来ます。

時間は毎日15時~23時の間です。

質問をすると、とても分かりやすい説明で、返信がすぐに返ってきます

ロボットとかに聞いているのはなく、実際にメンターの方が控えていて答えてくれるので、質問に対して臨機応変にお答えしてくれます。

詳しい内容については、後程ご紹介させていただきます。

 

3つめが、回数無制限のレビューです。

体験の時に、間違えてどんなレビューが返ってくるのかを試すべきだったのですが、その時そんなことを思いつかず、普通に課題をこなして提出をしてしまっていたので、ここについてはあまり詳しくおなし出来ません。

ですが、説明を見ていると、何度間違えてみレビューをしてくれるみたいですので、安心ですね。

課題を出した次の日には返信が来ていました。迅速な対応をしてくれます。

 

カリキュラムをみれる

無料体験ですので仕方ない部分ではありますが、無料体験のカリキュラムはめちゃくちゃ少ないです。

本当にさわり程度です。

正直、マンツーマンメンタリングの説明が多くて、プログラミング内容をもうちょっと入れてくれ・・・というのが正直な感想ですね。

ですが、無料体験のカリキュラムを見ることで、本契約をした際にどのような形でカリキュラムが出されるのか雰囲気を掴むことは出来ます。

説明文や図、コードで説明されていて、その後自分でも書くことが出来、課題を提出という流れで、とても分かりやすいと思います。

 

プログラミングを体験できる

こちらは、実際にコードを書いて、課題を提出するので、プログラミングを体験することが出来ます。

HTML,CSS,JSを使用することが出来ます。

まったくプログラミングを触れたことがない方は、どんなものか知るのに試してみるのもいいかと思います。

 

無料体験をするとつく特典

無料体験を利用するとブートキャンプ受講時に、受講料10,000円割引(学生5,000円)の特典が付いてきます。

無料期間中のみ適応可能なので、無料期間中にコースに登録する必要があるみたいです。

マンツーマンメンタリングで無料期間が延長になっている場合、こちらの特典も延期適応されるみたいです。

 

※紹介している内容は、2019/4/13に登録したものになります。現在の特典は内容が変わっている可能性がありますので、ご注意ください。

 

うーん・・・と思った点

正直、マンツーマンメンタリングの体験誘導がめちゃくちゃ多いです。

恐らく、それだけTechAcademyの売りなのだと思うのですが、誘導が多すぎて、ちょっと引けちゃいまいた。

無料体験ですので、仕方ないと思いますが、個人的にはマンツーマンメンタリングへの誘導の多さと、無料体験のカリキュラムの半分くらいがマンツーマンメンタリングとTechAcademyの説明で、プログラミングの勉強に関するものが少なかったのが、少し残念でした。

 

いいと思った点

無料体験を実施して、メンターサポートのチャットがとてもいいと思いました。

何を言っても、かなりスピーディです。

プログラミングを独学で勉強していて、一番困る点が、わからないところで躓いて時間を食われまくる・・・。という点かと思います。

検索をしても、そもそも検索の仕方が分からなくてヒットしない・・・とか、ネット上で質問を投げても、もちろんすぐに返ってこない場合もあります。

ですが、こちらのチャット機能は、一人のメンターの方が控えてくれていますので、分からないと思った部分を質問すると、すぐに返信してくれます。

今回質問した内容と、返答がくるまでの時間を控えていたので、少しご紹介させていただきます。

(回答内容につきましては、掲載していいのか分からないので、内容ではなくどのような感じで返ってきたのかだけ紹介させていただきます。)

 

質問をした時間:22:47

質問内容:
if(){}else if(){}といったように、elseifを使った後に、elseを使わずに終わることも可能なのでしょうか?
回答がきた時間:22:49
こちらの回答は、質問したないように簡潔な回答を頂きました。
質問して2分で返信が返ってきています
・・・もしや固定の返信機能とかで返事されているのか?と若干思い、あえて答えずらい、抽象的な質問をしてみました。
質問をした時間:22:53
質問内容:
elseをいまいち理解しきれていないのですが、使う場合と使わない場合のメリット・デメリットなどはあるのでしょうか?

回答がきた時間:23:01

こちらの質問に関しては、文章と参考コードを2通り出して、どういう場合にこうなります・・・といった具体的な例を記述して説明してくれました。

文字数にして、740字弱の結構長めの文章で説明をしてくれました。

実際の回答がこちらです。(やり取りが後にメールで送られてきます。)

結構長文でしたが、10分以内でこれだけ分かりやすい説明を回答してくれました。

 

また、本来は23時までしかメンターの方は対応できないはずなのですが、私が質問した時間がギリギリだったため、23時を超えても解決へ導くまで対応してくれました。(最終連絡は23:08でした)

時間に関しては、たまたまかもしれませんが、時間だから!とバッサリ切るのではなく、切りのいいところまで回答をしてくれる心遣いが嬉しかったです。


まとめ

無料体験をしてみて、個人的にはとてもいいなと思いました。

カリキュラムが立てられているだけでも、次何したらいいんやろ?という無駄な悩みが減る上に、なんと言っても迅速かつ丁寧な対応がされるチャットサポートが魅力的でした。

プログラマーとして業務を行う上で、やはり自分で検索をして答えを導き出す力は必要だと思うので、メンターに聞く前に自分で検索をしてみることは必要だと思います。

ですが、分からない!で止まって何時間も費やしたり、嫌になってしまうのを食い止めるのに、チャットサポートはとても有難い機能ですね。

 

私は現在プログラマーとして、会社員で働ないていますが、未経験で今の会社に入社しました。

私が採用された時は、まだできたばかりの会社だったため、未経験を育てるカリキュラムがあまり整っておらず、プログラマーの上司は常駐で働いているため、未経験者は自社で自分で調べて勉強をするスタイルでした。

その日一日行ったことをまとめて、分からない部分を上司にメールで質問し、上司が業務終後にそのメールを家で確認して返信してくれる、という流れでした。

もし分からなければ、その日一日聞ける人がおらず、一人でひたすら悩んで解決できない

次の日メールが返ってきたと思ったら質問がうまく伝わっていなくて、違う回答が返ってくる。

その日も同じところで悩む・・・というループを続けていました。

 

ですので、このチャット機能のありがたみがとても分かります。

プログラミングを未経験で独学で始めると、そもそも用語が分からなくて、意味を調べて解説を読んでもいまいちピンとこない・・とか結構多いかと思います。

そういう時に、分かりやすく説明してくれる人がいると、吸収も早いし理解も深まるので、一人のメンターがついて迅速な返答をくれるというのは、とても素敵なサポートだなと思いました。

 

プログラミングを始めたばかりで、躓いていたり、これからプログラミングを始める方は、一つの手段として、無料体験を実施してみるのはとてもいいかと思います

今分からないところを、質問して教えてもらうことが出来ますので、次のステップに進めると思います。

教えてもらうことで、理解が深まり、プログラミングの入り口の躓きを解消することが出来ると思います。

 

もし、無料体験してみようかな!という方は、こちらから登録することが出来ます。

無料体験をする

 

また、無料経験はやったことがあって、むしろコースを申し込みたいよ!という方はこちらから申し込みをすることが出来ます。

コースの申し込みをする

 

無料体験を実施するのは、個人的にとてもおすすめです!

今独学でつまずいている方でしたら、特にメンターがついてくれてチャットですぐに返信をもらえる感動を実感できると思います。

 

無料体験を実施してみて、思っていた以上にとてもよかったので記事にしました。

少しでも、プログラミング学習に励まれている方の足しになれば幸いです!

 

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

 

ブログの更新情報はこちらから↓

Twitterであお(@aaaaa500000o)をフォローする

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました